1. 電撃マオウTOP
  2. シリーズ一覧
  3. 何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。

何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。

漫画/しまづ原作/安居院晃キャラクターデザイン/あんべよしろう

  • 小説原作

大図書館を舞台にした、訳ありまくり司書のビブリア・ファンタジー開幕!

とある王立魔法図書館で司書を務める少年・セレル。あくまでも「ただの司書」であると主張する彼だが、幼馴染の王女・フィオナと談笑し、高度な魔法を操り、膨大な仕事量を1人でこなすその姿は、どう見ても「ただの司書」ではなく――?
大図書館を舞台にした、訳ありまくり司書のビブリア・ファンタジー開幕!!

登場人物紹介

  • セレル

    王立図書館のただ1人の司書。非常に優れた魔法の技量を持つが、あくまでも自分はただの司書だと主張している。

  • フィオナ

    王国の第三王女でセレルの幼馴染。セレルを自身の専属護衛にしようと画策している(一緒にいられる時間を増やしたいから)。

pagetop

電撃SHAREしよう

  • Twitterで共有
  • Line
  • Facebookで共有